マグリット通信

IMG_7645g

2013/05/08

どうすれば人はわくわくするのか。常識破壊のウェディング本。

「嘘を売らない。常識破壊のウェディング」

 

『嘘を売らないこと』
それはとても難しいことです。
ただ、何十年経っても、
「やっぱりあそこで買って良かった」
と思ってもらえたとしたら、
結果的には嘘を売らなかったと考えても
いいのではないかと思っています。
お客様に後悔させない。いつまでも。
—そんな商売が私の理想です。
(本書まえがきより)

 

 

バブルの崩壊、瀬戸大橋観光ブームの低迷、放漫経営、阪神淡路大震災・・・。企業体質も外部環境も最悪の状況で継ぐことになった実家の地方旅館を、婚礼事業で再生したストーリーです。

 

初めから倒産寸前で始まった物語は、「何度も迎える危機的状況」「明らかに出遅れた婚礼事業への参入」など、マイナスの連続ですが、その度に「救世主」との出会いに救われてきました。
祖母の「アメリカに留学しなさい」という言葉に導かれて向かったニューヨークでの体験や出会いが、旅館を継ぐつもりだった留学当時には考えもしなかったウェディングの商品開発に結び付き、そして、日本全国の同業者が見学に訪れ、ウェディング・プランニング・コンサルティングの依頼を頂くまでになったのも、「他とは絶対的に違う商品」を創るほかに生き残る方法がなかった、極限の状況から生まれたものだと考えると、良いことも悪いことも全ては有るべき出来事だったと感じずにはいられません。

 

私たちグレート:プランニングが、築50年という施設にもかかわらず婚礼の人気を保ちつづけ、また岡山というごく平凡な地方都市にありながら、ウェディング・プランニング・コンサルティング業で長く実績を挙げつづけてきた理由を感じていただけると思います。

 

 

「嘘を売らない。常識破壊のウェディング」目次

 

第1章 ニューヨークでの生活

 

想像を絶する街 / 未来への「鍵」 / 空気感のキーワード / ディープ・インパクトな空気

/ ハーレムな人たち / 心を揺さぶるエンターテイメント / 人間が感動する仕組み / 家業を継ぐ

 

第2章 苦悩、そして”岡山の奇跡”の始まり

 

私を待っていた恐怖の館 / 故郷で受けたカルチャー・ショック / 計画性のないアイデアマン

/ 旅館のおもてなしDNA / 岡山石山花壇を再生せよ! / 自ら脱皮するということ

/ 経営危機に登場する”救世主” / 最悪で最大のチャンスの年

 

第3章 ウェディング事業への転換

 

脱”ありきたり”ウェディング / 20組以上は絶対に売れない / 音と光の斬新な演出

/ すべての要望に応える / 「ザ マグリットホール」誕生 / 披露宴から高砂をなくしたい

/ 綱渡りだったチャペルの新設 / 完全な業態変更 / すべては招待客のために

 

第4章 ステップアップへ共闘する人たち

 

ともに戦うコンサルタント / ニューヨーク・スタイル / フュージョン料理

/ 【再生するウェディング】グレート:プランニングが手がけた成功事例

 

第5章 パーティーの極意

 

尊敬する経営者たち / ニューヨークのベスト・ウェディング・プランナー / 踊るウェディング

/ ホワイトハウスの専属パーティー・デザイナー / 数ミリ単位のコーディネート / 異文化との融合

/ ニューヨーカーたちの祝宴 / 人はなぜ会食するのか? / 成功するパーティーの秘訣

/ 間違いだらけのウェディング / 異業種からの参入に打ち勝つ

 

第6章 アニバーサリー・パーティービジネスへの出発

 

「ディスティーノ」の誕生 / カクテルパーティーの重要性

/ アニバーサリー・パーティーハウスへようこそ / 人と人の絆を強くする / ”コンセプト”を守り抜く力

/ アニバーサリー産業 / ネクスト・インパクト

 

著者:グレート:プランニング代表 羽原俊秀
出版:株式会社柴田書店
2011年9月9日より、電子書籍にて配信中

CATEGORIES:PHILOSOPHY