事業案内

  • オリジナル・パーティー・スタイル

株式会社マグリットの オリジナル・パーティー・スタイル

ニューヨークのパーティー×日本のおもてなし=4-KAN

一世代前のウェディング業界は、ヨーロッパの感覚を真似て、新郎新婦は王子様とお姫様という世界観が主流でした。しかし、いまや初婚時の平均年齢が上がり、子供っぽい婚礼スタイルは時代にあわなくなっています。一方、私たちが提案するスタイルは形式にこだわるのではなく「感性」「間合い」を大切にした、大人が楽しめる上質なシンプル・モダン。流行に左右されず、人間の感性に直接訴えかけるような、魂のある婚礼です。世界一パーティーが盛んな都市、ニューヨークではインテリアや照明にこだわった誰もがワクワクする‘空間’や、カクテルタイムやエンターテイメントで自然と盛り上がる‘時間’の流れを醸成することに長けています。私たちは、そんなニューヨークの文化の本質にある「感性」を取り入れ、そこに割烹旅館業を営むなかで学んできた日本の「おもてなし(人)」と「おいしいお料理(食)」いう素晴らしい文化を融合。私たちがパーティで大切にする4つのポイント、4-KAN―『空KAN・時KAN・人KAN・食KAN』。ニューヨークの‘感性’と、日本のおもてなしの根本である、相手を察する‘間合い’。「感」と「間」ふたつの「KAN」が合わさったところに、私たちのパーティーのエッセンスがあります。

カクテルタイム

感動が生まれるパーティーを創り出すのに重要なのは、ゲストの気持ちの「間合い」をうまくナビゲートすること。そのため私たちは、カクテルタイムにとても力を入れています。厳かな挙式の後に、ウォーミングアップをかねてカクテルタイムを行い、コーディネートやドリンク・料理などを徹底的に凝ります。そこでゲストの気分をアップビートさせることで、次の披露宴へとすんなりと移行でき、思い切り盛り上がるパーティーになるのです。またゲストが椅子に座ったままという形式が多い日本の結婚式において、自由に歩き回っていろんな人と会話ができるカクテルタイムはコミュニケーションの潤滑油の役目を果たし、和やかな雰囲気のパーティーになります。そんな柔軟剤の役割を担うカクテルタイムの他にも、株式会社マグリットでは目には見えないけれど大切な「間合い」を重視したパーティーづくりを心がけています。

照明・音響

人がより落ち着き、同時にワクワク感を感じる、計算された暗さを演出するなど、私たちがパーティーを構成するときは照明に凝ります。また、パーティーのシーンを大きく左右するのが音楽。音質はもちろん、音のタイミングや音量なども非常に重要であり、そのためには本当に信頼できる専門家が必要です。「いい雰囲気が一秒も途切れないこと」がパーティー成功の大切な要素です。

マザーシップテーブル(R)

このテーブルは「披露宴から高砂をなくそう」という発想からオリジナルで開発したもの。直径4.5mもの大型テーブルに新郎新婦を含めて最大24名が着席でき、新郎新婦が高砂に祭り上げられるのではなく、招待客のみなさんと一体になれるテーブルです。(商標登録)

フュージョンスタイルの婚礼料理

複数の国の料理や食材を融合させて、今までにない料理や食べ方のスタイルを創り出す。それがフュージョン料理であり、最近では巷の認知も高まってきました。和風テイストのイタリアン、アジアンテイストのフレンチなど、オリジナリティ溢れる発想から生まれる料理は、味わうだけでなく、そのアイディアを楽しむこともでき、パーティーの食事をより楽しく豊かなものにしてくれます。またハンバーグと納豆を一緒に食べるなど、柔軟な舌を持つ私たち日本人にとってフュージョンは、一般的なフレンチ・コースのスタイルなどよりも馴染みのあるもの。若い方から年配の方まで幅広い年代の方が出席される披露宴では最もお薦めできる料理と考えています。

本物のエンターテイメント

年齢や性別、趣味志向に関係なく、「本当にいいもの」「本物と呼べるもの」を体験した人は心から深く感動するものです。ですから私たちはシンガーやパフォーマーなど、お客様の大切な日を盛り上げるエンターテイナーは「本物」にこだわり、確かな人脈をもとにシンガーやピアニストを招致して、最高のパフォーマンスをお客様にお届けしています。